保育園さんでのブックフェア

本日夕方から保育園さんへブックフェアに行ってきました。
ブックフェアとは、簡単に言うと出張販売です。
保育園のホールが絵本屋さんになります。
大きいダンボール箱が11個。車に積んで出向きます。

ブックフェアで並べる絵本は何でも良いわけではありません。
えほん館おススメの絵本ももちろん持参しますが、それよりも大事な絵本があるのです。
それは、先生方が選んでリクエストしてくださる絵本。
それは、日々先生方が子ども達に読んでおられる絵本なのです!

ブックフェアではどこの園でも、子ども達が自分で絵本を選んでいます。
もちろん親子で見てもらうのですが、子どもが選ぶのを親が見守っておられるのです。
それはその場に並んでいる絵本が先生方のおススメ絵本だからです。
すでに信頼があるからなのです。
子ども達は本当に嬉しそうな顔をして絵本を「お会計テーブル」(私のところ)に持ってきます。
絵本が子ども達の歓びとなっていることがひしひしと伝わってきて、私も満面笑顔になります。
自分が買って欲しい絵本を自由に選べて、すんなり買って貰える。これは嬉しいに決まっています。

ものすごく沢山の絵本が売れました!
それだけ沢山の子ども達が自分の好きな絵本を家に持って帰れたのです。
家で絵本を読んでもらえるのです。
絵本の売上は、子ども達の歓びの時間に繋がっているのです。
売上をお金だけで捉えるのではなく、その向こうを忘れてはいけないと常に言い聞かせています。
その向こうにあるのが、私にとってのお金の正体です。

絵本を買ってもらえるように一生懸命すすめてくださる先生方の姿にはいつもながら感動します。
自分には1円も入ってこないのに、子ども達の豊かな成長に絵本が必要だと思っておられるから、
私以上に絵本をすすめてくださいます。
保護者の方も先生の言葉を信用しておられます。
それが良いですね。信頼関係があればこそ、おススメの絵本も受け入れてもらえるのです。
私が選んだ絵本はすっかりカヤの外みたいな気になりますが、それでいいのです。
絵本とは…そういうことなのです。
そもそも、絵本の大切さを重要視しておられる保育園さんなので、日々の取り組みからして違います。
私は本当に学ぶばかりです。

<図鑑もあります>

<読み物も少し 早速子どもが絵本を読んでいます>

<あかちゃん絵本の一部>

<えほん館おススメ絵本の一部>

講演より

先週、保育士の先生方の研修でお話させていただきました。
午後6時間半から8時。
その日の保育が終わってから、まだ研修に参加されるのです。
いつもながら頭が下がります。
無駄な時間にしてはいけないと気が引き締まります。

気を緩めてもらえるようにと、まずは楽しく手遊びでスタート。
その後この日最初の一冊『たことさる』(新井洋行・佼成出版社)で先生方と遊びました。
「たこと さるで」「たる」
言葉遊びの絵本なので、言葉の意味が分からないとと思われがちですが、これがそうでもないのです。
なぜそうなるのか?が分からない幼児さんでも、言葉の音で楽しめるのです。
耳で聞いた言葉で、音と音が結びつくのです。
思考ではなく、言葉をキャッチするセンスです。
文字が読める子どもと読めない子どもは入り方が違うのです。
面白いですね。

そんなことを子ども達から教えてもらえるのは、
『この絵本は〇歳用』『この絵本はこの子達にはまだ早い』という決めつけをしないからこそです。
読み手の意識は本当に、大事です!
自分と同じように考えてはいけません。相手はダイヤモンドの原石ですから。

『たことさる』で●言葉は音の話をし、その流れで●絵本は子どもの想像力を育んでくれる話をし、
●絵本は子どもの成長を促してくれるという話に繋げました。
先生方と絵本を楽しんだあと終盤は
●絵本を読むことでその子の「今」が見えるという話をし、
最後は私が一番伝えたい●絵本とは読んでもらう本の話をしました。

先生方には日々尊敬の念をいだいています。
他人の子ども達の成長のためによくあれだけのことが出来るものだと、本当に尊敬しています。
現場を知れば知るほど、私なら3日でギブアップすると思います。
そんな先生方のお役に立てるように、もっともっと学び成長していきたいと強く感じた時間でした。

嬉しい応援メッセージ♥<その5>

今の私の周りにいてくださる方は、ほとんどが「えほん館」をスタートしてから出会った方々なので”花田と言えば絵本”と思ってくださっていますが、今回応援メッセージを寄せてくれたてっちゃんは、本格的にえほん館を始める前に出会った人です。
学生時代の友達ともかなりのブランクがあった私には、本当に昔からの私を知ってくれている人は今や彼だけになってしまいました。
私の辛く苦しい時期や人に言えないような事をしていた事など、いろいろ知られてしまっているので、人生で一番口止めしたい人です。
そのせいか、彼の文章を読むとその中に大切だった人たちが甦り、瞬間で泣いてしまいます。
てっちゃん、ありがとう!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ねこはねこのゆめをみる」を推す
著述業 清水哲男

2013年5月28日@上桂えほん館

花田睦子さん、むっちゃんにはじめて会ったのは40年ほど前のことだ。
その頃彼女は軽の箱バンにいっぱいの絵本を詰め込んで、あちこち駆けずり回っていた。
いつか路面のお店を持ちたいと言いながら、呼ばれればどこへでも出かけていき、自分が思う素敵な絵本を紹介し、届け、そんな毎日を繰り返していた。初対面のぼくに言いたいことを散々しゃべって帰っていった。
「こいつ、商売は下手くそやな」
それが第一印象だった。
商売は下手くそだったが、むっちゃんは真面目で熱心で、人の心をつかむのが上手かった。
彼女はいつも大勢の人に恵まれ、支えられ、瞬く間に夢だったえほん館を伏見に開いた。36年前のことだ。
以来ずっと彼女とえほん館のことを見続けてきた。
伏見、上桂、桂と移動し、そうしていまの京町家えほん館むむむにたどり着く過程の中で、むっちゃんのまわりには大勢の仲間、ファンが集まった。
そのひとりがアニメーション作家鋤柄真希子さん、マキちゃんだ。
マキちゃんにはじめて会ったのは、2013年5月28日、上桂の店でぼくのトークイベントを開いてもらった時だ。当時マキちゃんはえほん館のスタッフだった。
イベントが終わって、むっちゃんの運転する車で一緒に京都観光をし、ご飯を食べお酒を飲んだ。
いろんな話の果てにアニメーション作家だと知った時、僕はちょっとした興奮を覚えたことを記憶している。
アニメーションといえば誰もがジブリを思い浮かべるような時代、すべてひとりで手づくりだと知って驚いたり感心したりしたものだ(実は現在のパートナーとなる彼とふたりでつくっていたのだが……)。
ちょうど2008年に加藤久仁生が「つみきのいえ」でアカデミー賞短編アニメーション賞を受賞した後で、ぼくの興味もアニメに向かっていた。
「カラスの涙」「ゆきをみたやまね」「やまなし」とマキちゃんの作品を観た。劇的なストーリー展開や大きな事件というものはない。
主人公は小さな生き物だ。だがこの温かさはなんだろう、と思った。
それは多分、1枚1枚の絵を手描きにし、撮影し、仕上げていくプロセスで、マキちゃんの中の温かさが彼女の指先を通じて作品に込められるからだろう。
「みずたまり」では、水面に映り込む草花とチョウチョ。小さな限定的な風景の中に宇宙が映し出されていると思った。
「蜉蝣」ではその小さな小さな命が迎える成長の瞬間をとらえた。命というものは一瞬も立ち止まることはないのだ。
ヤマネやウサギ、ネコ、イヌ、チョウチョ、サワガニそうしてカゲロウまで小さき命を丁寧に描く。ひとつひとつは小さい命だが、それはそのもので宇宙なのだ。貫いているのは自然と命に対する畏敬の念なのだろう。
さらに「深海の虹」だ。太陽に比べるとマッコウクジラは小さな存在だが、そいつは太陽を飲み込んでしまう。大きさなど関係ないのだ。命こそが尊いのだ。マキちゃんはそう言いたいのだと思った。
ところでぼくは主にドキュメンタリーだが、40年以上書籍、紙の世界で生きてきた。
だからだろうか、予てからマキちゃんの作品を紙で読みたいと思っていた。そしてむっちゃんにはいい絵本を見つけてきて紹介し届けるだけではなく、自らいい絵本をつくって世に送り出してほしいと思っていた。
「ねこはねこのゆめをみる」ではぼくのそんな思いが実現する。
このプロジェクトを必ず成功させて、多くの人たちに生きることの楽しさや、命の尊さをあらためて届けてほしい。
そのためにぼくは、全力で「ねこはねこのゆめをみる」を推す。
むっちゃん、マキちゃん、頑張れ!

 

100人100万円のお礼✨

ここ数年命をテーマにした絵本がたくさん出ていますが、『ねこはねこのゆめをみる』も命にかかわる絵本です。
ひとつの命が誕生できる確率は本当に奇跡!そんな奇跡の命×100人。
これはとてつもない奇跡なのではないか!と思います。
目には見えないたくさんの『気持ち』をいただいているんだなぁと実感しています。

また100万円は、1,300円の絵本を3,300冊売らないと得られない利益です。
有難い。本当に有難い限りです!皆さま、ありがとうございます!心から感謝申し上げます。

目標金額までもう少しです。
どうぞ引き続き皆様のお力をお貸しくださいますよう、今一度よろしくお願いいたします。

https://motion-gallery.net/projects/nekoyume/updates/48412