<借りぐらし>

忙しーーーーーーいっ!

今の私を表す一言です(笑)
この時期は毎年そうなのです。
それが有難いことなのです。
特に今年は大きな仕事をいただいていて、余計に忙しいのです。
いつも「つぶれかけ状態」が当たり前のえほん館にとっては、ほんとーに有難いことなのです(笑)
そんな仕事以外ほったらかしの毎日の中での先日、雨の日のことです。
朝一番、近くの小学校の全校集会で本の紹介をさせていただき、
(紹介本・絵本「モジャキのくすり」読み物「走れ!カネイノチ」「名犬チロリ」)
一旦帰ってから次の仕事に出掛けようとしたら・・・
ないっ!
表の傘立てに入れておいた傘がない!
しかも私のお気に入りの水玉模様入りのビニール傘。
700円もしたビニール傘。
「貸し出し禁止」と紙までつけていたビニール傘。

・・・盗られた・・・

上桂に引っ越して来て15年。こんなこと一度も無かったのに・・・
ショックでした。
取り敢えずいただいたボロボロのビニール傘をさして出掛けました。
傘が無くなった事がショックだったのではなく、盗られた事がショックでした。
盗る人、いるんや・・・
そんな事を思いながら運転していて、ふと、気付きました。
「盗られた」って、そもそも私のもんやったんか?
お金出して買ったけど、そのお金ももともと私のもんとちゃうし・・・
そんな変な事を考えていて、
この世に「私のもん」ってあるんやろか?
はは、無いやん。ははは。
ってな具合になりました。

あ、そうか!
「床下の小人たち」(一般的には「借りぐらしのアリエッティ」なのかな?)は、
自分の事やったんや!
私が生きてる事が借りぐらしやったんや!
全部、借りてるもんなんや。
と、気付いた私でした。。。

それやったら、セレブ生活出来るくらいの大金貸してー!
(って、ほんまに気付いたんかい!)

面白いことに、
翌日、傘立てに「お気に入りのビニール傘」が戻っていました。
借りたはったんや〜
誰か知らんけど(笑)

(「床下の小人たち」メアリー・ノートン著 岩波少年文庫 シリーズ有り)
04331777[1]

12月の講演予定

<12月>

1日(月)  京都市吉田児童館 子育て講座(一般参加可)

3日(水)  京都市立向島南小学校 保護者対象「読書と子育て」

11日(木) 立命館大学衣笠キャンパス(授業内)

13日(土) 京都市西京区 ハシイ産婦人科(一般参加可)

17日(水) 乙訓私立幼稚園協会教員研修

21日(日) 京都市南区 パークテラス桂川「お話会」(一般参加可)

 

 

<大人のための絵本講座>

11月21日(金)午後7時から8時
第二回「大人のための絵本講座」
初めての方でも大歓迎!
何の準備もなくお越しください(^^♪

今回は「絵本の力・お話の力」です。
私の一番好きなテーマです♪
全力でお話させていただきます!

スクリーンショット (3)

成長

何をもって成長とするのか???
それぞれの価値観ではありますが・・・
自分で自分は、成長していると思っています(笑)
但し、後退している部分もあると思いますが(笑)

今日(11月5日)は上高野児童館にお話に行ってきました。
そこで、思わぬ再会がありました!
昔からお世話になっている児童館の先生です。
思えば上高野児童館に呼んでいただいたのも、その先生でした。
その前におられた児童館で出会った先生なので、かれこれ10年位前からお世話になっているのです。

「絵本の素晴らしさを話してまわりたい!」
などと、目標を持ったことは一度もありません。
自分がそんなことを出来るとも、したいとも思っていなかった時代に、
「花田さん、うちで絵本のお話をしてください。」と声をかけてくださった方たちがいます。
今と比べれば、ずっと下手くそな話だったと思います。
いえ、正直自分でも毎回が失敗で落ち込んでばかりでした。
でも、それなのに、また、呼んでくださるのです!
呼んでくださったのです!
有難い。本当に有難い。心底有難い。。。

今の私が在るのは、こうした方々のおかげです。
下手くそでも、失敗ばかりでも、また機会を与えてもらえた。
これはすごい事です!
ダメなものは即切り捨てるという考え方が多い中で、また同じ場に私を迎えてくださるなんて。。。
人の懐の深さを感じずにはいられません!
そんな方たちによって、私は育ててもらいました。
今の私があるのは、出会った方たちの懐のおかげなのです!
今日は、私を育ててくださった内の一人の先生に、久しぶりに再会して、とっても嬉しかったのです!!!

・・・でも、今日も先生は、私がイキガッテ話すのを、ただただ優しい目をして聴いてくださっていたなぁ・・・

あ!
ほんでもって、私を育ててくれている大きな存在はまだあります!
その時々に私の目の前にいてくれる、子ども達です。
特に「人の話を聴く」という概念がまったく無い子ども達には、本当に育ててもらっています。今も変わらず(笑)
何をやっても私を無視する子どものおかげで、今の私があります。
「ちょっとくらい、こっちの立場を考えろ!」と、心の中で叫んだことは何回もあります。
もちろんそれは、子どもが悪いのではなく、私のやり方がまずいのです。
その事をしっかりと教えてくれるからこそ、私は違うやり方を試すことができ、私の引き出しを増やしていけるのです。

これからも、「今、目の前にいてくれる人」をちゃんと見よう!
そんなふうに思いました。。。☆

(写真は「嵐の前に静けさ」です(笑))

DSCF2502

ただ今、サイン本有り。

<お話の名手、杉山亮さん!>

火曜日は滋賀県近江八幡市で、杉山亮さんのお話を聴いてきました。
只今京都に帰ってきたところで、まだ余韻がいっぱいです!

杉山亮さんと言えば「名探偵シリーズ」が有名ですが、他にも楽しいお話がいっぱい出ています。
中でも私が大好きなのが「大工のキムさんのお話」です。
「走れ、カネイノチ!」(講談社・小学校中学年から大人まで・読んでもらうなら低学年からでも)の中に入っているお話です。
そのお話を小学生達に生で語ってくださいました。
読むのとはまた違って、めちゃくちゃ面白かったです。

著書の販売もさせていただき、いつものごとく自分用にサインもいただいてきました。
幸せ。。。

「本はハードで、お話がソフト」という例えに、思わず心の中で「ナイス!!」と叫んでいました。
ソフトであるお話を面白いと思えば、本を手に取るのです。
子どもに本を読ませようとするのではなく、お話の面白さを伝えなければ・・。

小学校×2校、幼稚園、保護者と、一日4回もの講演には、ただただ頭が下がります。
最高の一日でした!
「花田さんが杉山さんの話を聴いたことないなんて、あかんわ!
絶対来てください!本も売ってもらいますから!」
という、いつもお世話になっている滋賀県の方のおかげです。
本当に、感謝でした。。。☆

というわけで、ただ今えほん館には杉山亮さんのサイン本があります。
「のっぺらぼう」(ポプラ社)
「かっぱ」(ポプラ社)
「とっておきの名探偵」(偕成社)シリーズ最新刊
それぞれに、メッセージ付きです♬

(写真は杉山亮さんです。ほんと、素敵なお顔です。。。)

32414653[1]DSCF2489