保育園さんでのブックフェア

本日夕方から保育園さんへブックフェアに行ってきました。
ブックフェアとは、簡単に言うと出張販売です。
保育園のホールが絵本屋さんになります。
大きいダンボール箱が11個。車に積んで出向きます。

ブックフェアで並べる絵本は何でも良いわけではありません。
えほん館おススメの絵本ももちろん持参しますが、それよりも大事な絵本があるのです。
それは、先生方が選んでリクエストしてくださる絵本。
それは、日々先生方が子ども達に読んでおられる絵本なのです!

ブックフェアではどこの園でも、子ども達が自分で絵本を選んでいます。
もちろん親子で見てもらうのですが、子どもが選ぶのを親が見守っておられるのです。
それはその場に並んでいる絵本が先生方のおススメ絵本だからです。
すでに信頼があるからなのです。
子ども達は本当に嬉しそうな顔をして絵本を「お会計テーブル」(私のところ)に持ってきます。
絵本が子ども達の歓びとなっていることがひしひしと伝わってきて、私も満面笑顔になります。
自分が買って欲しい絵本を自由に選べて、すんなり買って貰える。これは嬉しいに決まっています。

ものすごく沢山の絵本が売れました!
それだけ沢山の子ども達が自分の好きな絵本を家に持って帰れたのです。
家で絵本を読んでもらえるのです。
絵本の売上は、子ども達の歓びの時間に繋がっているのです。
売上をお金だけで捉えるのではなく、その向こうを忘れてはいけないと常に言い聞かせています。
その向こうにあるのが、私にとってのお金の正体です。

絵本を買ってもらえるように一生懸命すすめてくださる先生方の姿にはいつもながら感動します。
自分には1円も入ってこないのに、子ども達の豊かな成長に絵本が必要だと思っておられるから、
私以上に絵本をすすめてくださいます。
保護者の方も先生の言葉を信用しておられます。
それが良いですね。信頼関係があればこそ、おススメの絵本も受け入れてもらえるのです。
私が選んだ絵本はすっかりカヤの外みたいな気になりますが、それでいいのです。
絵本とは…そういうことなのです。
そもそも、絵本の大切さを重要視しておられる保育園さんなので、日々の取り組みからして違います。
私は本当に学ぶばかりです。

<図鑑もあります>

<読み物も少し 早速子どもが絵本を読んでいます>

<あかちゃん絵本の一部>

<えほん館おススメ絵本の一部>

講演より

先週、保育士の先生方の研修でお話させていただきました。
午後6時間半から8時。
その日の保育が終わってから、まだ研修に参加されるのです。
いつもながら頭が下がります。
無駄な時間にしてはいけないと気が引き締まります。

気を緩めてもらえるようにと、まずは楽しく手遊びでスタート。
その後この日最初の一冊『たことさる』(新井洋行・佼成出版社)で先生方と遊びました。
「たこと さるで」「たる」
言葉遊びの絵本なので、言葉の意味が分からないとと思われがちですが、これがそうでもないのです。
なぜそうなるのか?が分からない幼児さんでも、言葉の音で楽しめるのです。
耳で聞いた言葉で、音と音が結びつくのです。
思考ではなく、言葉をキャッチするセンスです。
文字が読める子どもと読めない子どもは入り方が違うのです。
面白いですね。

そんなことを子ども達から教えてもらえるのは、
『この絵本は〇歳用』『この絵本はこの子達にはまだ早い』という決めつけをしないからこそです。
読み手の意識は本当に、大事です!
自分と同じように考えてはいけません。相手はダイヤモンドの原石ですから。

『たことさる』で●言葉は音の話をし、その流れで●絵本は子どもの想像力を育んでくれる話をし、
●絵本は子どもの成長を促してくれるという話に繋げました。
先生方と絵本を楽しんだあと終盤は
●絵本を読むことでその子の「今」が見えるという話をし、
最後は私が一番伝えたい●絵本とは読んでもらう本の話をしました。

先生方には日々尊敬の念をいだいています。
他人の子ども達の成長のためによくあれだけのことが出来るものだと、本当に尊敬しています。
現場を知れば知るほど、私なら3日でギブアップすると思います。
そんな先生方のお役に立てるように、もっともっと学び成長していきたいと強く感じた時間でした。

《『ねこは ねこの ゆめをみる』原画展&トークイベントのお知らせ》

2024年7月7日~31日 原画展開催
長谷川書店水無瀬駅前店
阪急京都線改札出てすぐ
いよいよ明日です!
✳︎出版記念トークイベント✳︎
7月13日(土) 18:30~19:30予定(少し延びるかも)
料金 : 1000円
お申込み
utatanebookss@yahoo.co.jp
松村×鋤柄×花田でお話させていただきます。
絵本も読ませていただきます。(花田)
今回は裏話もいっぱいです。
あと少しだけお席があります。
なんと、長谷川書店の窓ガラスに鋤柄さんが絵を描かれましたよ!

絵本『ねこはねこのゆめをみる』取扱い書店

絵本『ねこはねこのゆめをみる』を販売してくださっているお店のご紹介です。現在はえほん館オンラインショップに加え、下記の店舗で販売していただいています。
⁡⁡
  ✴︎✴︎✴︎ ✴︎ ✴︎✴︎✴︎
絵本『ねこはねこのゆめをみる』お取り扱い店舗
【京都】
*ホホホ座浄土寺店 (京都市左京区浄土寺)
*ともひさし ( 京都市烏丸六条 )� X__ @tomohisashi_B
*京町屋絵本カフェめばえ(京都市北区紫野)
*レティシア書房( 京都市中京区高倉 ) � https://note.com/bookshop_551
 ねこゆめの小さなコーナーを作ってもらいますた🐾
 アクセサリーもちょっとアリマス。
【大阪】
*長谷川書店 阪急水無瀬駅前店 (大阪府三島郡島本町)� X__ @hasegawabooks
【滋賀】
*カーサ・ルージュ(滋賀県高島市マキノ町)
【神戸】
*gallery ARCA( 神戸市元町)
【埼玉】
*雑貨と古書の小さなお店 りすとのしゅ (埼玉県深谷市)� X__ @fukumen1970
  ✴︎✴︎✴︎ ✴︎ ✴︎✴︎✴︎

花田講演他・7月

5日(金)  京都市 西陣和楽園 保護者向け講演会

(6日 「近藤薫美子 小さなえほん館」イベント)

7日(日)  京都市 光清寺 七夕イベント絵本ライブ

10日(水) 京都市 南保育所 保育士研修

13日(土) 城陽市 子育て支援ひなたぼっこ 地域親子向け

(18日 西七条保育園ブックフェア)

20日(土) 福井県 名田庄こども園

22日(月) 京都市 北野幼稚園

27日(土) 京都市 若竹保育園 絵本ライブ