気ままな本の紹介」カテゴリーアーカイブ

<きつねどん>

<きつねどん> (ビリケン出版)
ハンガリーの民話 洞野志保再話・絵(3、4歳位から大人まで)

「お話を楽しむ」ことは大人よりも子どもの方が得意です。
大人はついつい答えを求めたり、教訓を得ようとしたり、何かを得ようと目的を持って絵本を開くことが多いように思いますが、子どもは絵本で遊ぼうとします。

だから、お話を純粋に楽しめるのです♪

この絵本は北欧、ハンガリーの昔話です。
あるところにずる賢いきつねどんがおりました。
ある日のこと、きつねどんは、豚のあぶり肉が食べたくて食べたくてたまらなくなりました。
ピン!
と、あることを思いついたきつねどんは、からっぽの袋を膨らませて出かけて行きました・・・

さあさあ、皆さん、きつねどんは何を企んだと思いますか?
「からっぽの袋を膨らませて出かけた」ところがポイントですよ。

私には思いつかないような事を思い付いたきつねどんは、私よりもはるかに賢いです。
でも最後には知恵を上回る知恵が・・・

おもしろい! 単純におもしろい!
子どもにこういう喜びを与えてくれる絵本、いいですね♪

しかしながら、世の中にはこういう絵本も楽しめる大人も又いっぱいおられます。嬉しいことです。

私は子どもの頃よく父親に騙されました。
一杯くわされた事が山盛りあります(笑)
やり返してやろうと何度も試みましたが。。。
親子でこんな知恵くらべが出来たら楽しいですね。
そうそう、日常で遊ばなきゃ♪
どこかへ出かけられないとしても、日常で遊びましょうよね〜♪
とっても小さい遊びかもしれませんけど・・・ね!

写真: <きつねどん> (ビリケン出版)
 ハンガリーの民話 洞野志保再話・絵(3、4歳位から大人まで)

「お話を楽しむ」ことは大人よりも子どもの方が得意です。
大人はついつい答えを求めたり、教訓を得ようとしたり、何かを得ようと目的を持って絵本を開くことが多いように思いますが、子どもは絵本で遊ぼうとします。

だから、お話を純粋に楽しめるのです♪

この絵本は北欧、ハンガリーの昔話です。
あるところにずる賢いきつねどんがおりました。
ある日のこと、きつねどんは、豚のあぶり肉が食べたくて食べたくてたまらなくなりました。
ピン!
と、あることを思いついたきつねどんは、からっぽの袋を膨らませて出かけて行きました・・・

さあさあ、皆さん、きつねどんは何を企んだと思いますか?
「からっぽの袋を膨らませて出かけた」ところがポイントですよ。

私には思いつかないような事を思い付いたきつねどんは、私よりもはるかに賢いです。
でも最後には知恵を上回る知恵が・・・

おもしろい! 単純におもしろい!
子どもにこういう喜びを与えてくれる絵本、いいですね♪

しかしながら、世の中にはこういう絵本も楽しめる大人も又いっぱいおられます。嬉しいことです。

私は子どもの頃よく父親に騙されました。
一杯くわされた事が山盛りあります(笑)
やり返してやろうと何度も試みましたが。。。
親子でこんな知恵くらべが出来たら楽しいですね。
そうそう、日常で遊ばなきゃ♪
どこかへ出かけられないとしても、日常で遊びましょうよね〜♪
とっても小さい遊びかもしれませんけど・・・ね!

 

<私の大切な一冊>

「ハルばあちゃんの手」(福音館書店)
山中恒・文 木下晋・絵

一人の人の一生は、なんと、尊いものなのか・・・。

何かを成し遂げたとか、どんな影響を与えたとか、ではなく、
「生きた」だけの人生が、世間での「評価」をすべて超えるものであると、この絵本は私に語りかけてくれる。。。

ハルばあちゃんの一生は、決してテレビドラマになるような派手なものではないけれど、戦争時代を経て生き抜いた、素朴で純粋な人生を、私は尊敬せずにはいられません。
ここにストーリーを書きたいと頑張りましたが、何度も書き直して結局書けませんでした。(文才が欲しい!!!)

ただの一人の人の人生が描かれた絵本です。
それを「手」で表現している、素晴らしい絵本です!

愛する人を待ち続け、添い遂げ、商売が時代の波にのまれても抗わず本当の幸せを見失わなかった、ハルばあちゃん。

沢山の言葉と、沢山の時間を、たったこれだけの文字と絵で描ききっていることにも感動します。
大人の方に、読んでもらいたい絵本です。。。

*表紙の絵が・・・
ハルばあちゃんの子どもの時の手と、おばあちゃんになってからの手とが、一つになろうとしているようで。そこに在るもう一つの「モノ」が、二つが一つであることを見守っているようで。。。

えほん館さんの写真

<子どもたちの遺言>

「子どもたちの遺言」(佼成出版社)
谷川俊太郎・詩 田淵章三・写真

から、私の大好きな詩をひとつ。
大切なことがわからなくなったときに、いかがですか。。。

・生まれたよ ぼく・

生まれたよ ぼく
やっとここにやってきた
まだ眼は開いてないけど
まだ耳も聞こえないけど
ぼくは知ってる
ここがどんなにすばらしいところか

だから邪魔しないでください
ぼくが笑うのを ぼくが泣くのを
ぼくが誰かを好きになるのを
ぼくが幸せになるのを

いつかぼくが
ここから出て行くときのために
いまからぼくは遺言する
山はいつまでも高くそびえていてほしい
海はいつまでも深くたたえていてほしい
空はいつまでも青く澄んでいてほしい

そして人はここにやってきた日のことを
忘れずにいてほしい

(この目をまっすぐに見ていられる人間でありたいなぁ・・・)

写真: 「子どもたちの遺言」(佼成出版社)
     谷川俊太郎・詩 田淵章三・写真

から、私の大好きな詩をひとつ。
大切なことがわからなくなったときに、いかがですか。。。

・生まれたよ ぼく・

生まれたよ ぼく
やっとここにやってきた
まだ眼は開いてないけど
まだ耳も聞こえないけど
ぼくは知ってる
ここがどんなにすばらしいところか

だから邪魔しないでください
ぼくが笑うのを ぼくが泣くのを
ぼくが誰かを好きになるのを
ぼくが幸せになるのを

いつかぼくが
ここから出て行くときのために
いまからぼくは遺言する
山はいつまでも高くそびえていてほしい
海はいつまでも深くたたえていてほしい
空はいつまでも青く澄んでいてほしい

そして人はここにやってきた日のことを
忘れずにいてほしい

(この目をまっすぐに見ていられる人間でありたいなぁ・・・)

 

<新刊絵本から>

「どうぶつ しんちょうそくてい」(アリス館)
文・聞かせ屋。けいたろう 絵・高畠純

あなたは、動物の身長を測ったことがありますか?
当然ないでしょう。
でも測ってみたいと思ったことはありますよね?

動物園の身長測定で並んでいるのは、うさぎ、カンガルー、キリン、ワニにこうもり。
こんなん、測れると思いますか!?
それが、測れたんですよ〜。
その測り方がとても面白い!
この知恵があなたにはあるでしょうか???
(私にはありませんでした。とほほ。)

身長を測れるメジャーのおまけ付きです♪
(期待してはダメですよ(笑))
(3歳位から大人)

写真: <新刊からおすすめ>

「どうぶつ しんちょうそくてい」(アリス館)
        文・聞かせ屋。けいたろう 絵・高畠純

あなたは、動物の身長を測ったことがありますか?
当然ないでしょう。
でも測ってみたいと思ったことはありますよね?

動物園の身長測定で並んでいるのは、うさぎ、カンガルー、キリン、ワニにこうもり。
こんなん、測れると思いますか!?
それが、測れたんですよ〜。
その測り方がとても面白い!
この知恵があなたにはあるでしょうか???
(私にはありませんでした。とほほ。)

身長を測れるメジャーのおまけ付きです♪
(期待してはダメですよ(笑))
                   (3歳位から大人)

<たべる>

<たべる>(アートン)
谷川俊太郎・文 井上洋介・絵

「食べてごらんこの絵本。噛めば噛むほど味がでる。」
帯にこんな言葉があり、どんなにおいしい絵本かと開いてみると・・・
食べるということが当然で趣味にもなるような現代社会に生きている私としては、ちょっとショックを受ける絵本でした。
一瞬にして食べ物がない世界、食べることが出来ない世界へ誘われぞっとするような恐怖を感じ、ラストで、たかしがいつもと同じ朝ご飯を「おいしい」と思う気持ちにどっぷり共感。
そして、食べるということだけでなく、私たちが日常知らず知らずの間に陥ってしまっている生き方のゆがみまで見せられた一冊でした。
当たり前のことを見せられて、ゾッとしてしまう自分こそがこわい・・・。

上記はこの絵本を初めて読んだときに私が書いた紹介文です。
(2006年9月)
今、改めて読んでみて昔から親に「食べ物を粗末にしたらあかん!」と言われ続けていたことを思い出し、初心にかえっています。
(初心ってなんやねん!?)
今日もご飯が食べられる。
美味しいケーキまでいただいた。

本当にありがたいことです。。。

写真: 朝からの差し入れに続きまして。。。

<たべる>(アートン)
      谷川俊太郎・文 井上洋介・絵

「食べてごらんこの絵本。噛めば噛むほど味がでる。」
帯にこんな言葉があり、どんなにおいしい絵本かと開いてみると・・・
食べるということが当然で趣味にもなるような現代社会に生きている私としては、ちょっとショックを受ける絵本でした。
一瞬にして食べ物がない世界、食べることが出来ない世界へ誘われぞっとするような恐怖を感じ、ラストで、たかしがいつもと同じ朝ご飯を「おいしい」と思う気持ちにどっぷり共感。
そして、食べるということだけでなく、私たちが日常知らず知らずの間に陥ってしまっている生き方のゆがみまで見せられた一冊でした。
当たり前のことを見せられて、ゾッとしてしまう自分こそがこわい・・・。

上記はこの絵本を初めて読んだときに私が書いた紹介文です。
(2006年9月)
今、改めて読んでみて昔から親に「食べ物を粗末にしたらあかん!」と言われ続けていたことを思い出し、初心にかえっています。
(初心ってなんやねん!?)
今日もご飯が食べられる。
美味しいケーキまでいただいた。

本当にありがたいことです。。。

<新刊絵本から>

「いえでをしたくなったので」(ほるぷ出版)

まずタイトルと表紙の絵に惹かれました。
私は子どもの頃、よく家出をしていました。
もっとも私の家出は自転車で数時間走りまわったり、ぶらぶら歩きまわるという程度ですが。
動機のほどんどが、母親との喧嘩か両親の喧嘩でした。

「家にいるのが、いや!」これに尽きると思います。

小学生の時、深夜に家出をしてしまって後悔した私は、近所のガレージで車の間にしゃがみ込み泣いていた覚えがあります。
ぬいぐるみのくまさんをしっかりと抱きしめて。。。

でもこの絵本の家出はなんだかとっても楽しそう!
兄弟姉妹の4人で一緒に家出をするのですから。
木の上や池に洞窟、いろんな場所を転々として行きます。
黒一色で描かれた絵の美しさと躍動感が素敵ですが、何よりも余白の上手さがプラスされて、想像が大きくふくらむのです。。。♪
そして、もちろん最後はちゃんと・・・

この4人、なんかどこかで会ったことある??? と思ったら、ナルニアの4人とかぶったのでした(笑)

写真: <新刊絵本から>

「いえでをしたくなったので」(ほるぷ出版)

 まずタイトルと表紙の絵に惹かれました。
私は子どもの頃、よく家出をしていました。
もっとも私の家出は自転車で数時間走りまわったり、ぶらぶら歩きまわるという程度ですが。
動機のほどんどが、母親との喧嘩か両親の喧嘩でした。

「家にいるのが、いや!」これに尽きると思います。

小学生の時、深夜に家出をしてしまって後悔した私は、近所のガレージで車の間にしゃがみ込み泣いていた覚えがあります。
ぬいぐるみのくまさんをしっかりと抱きしめて。。。

でもこの絵本の家出はなんだかとっても楽しそう!
兄弟姉妹の4人で一緒に家出をするのですから。
木の上や池に洞窟、いろんな場所を転々として行きます。
黒一色で描かれた絵の美しさと躍動感が素敵ですが、何よりも余白の上手さがプラスされて、想像が大きくふくらむのです。。。♪
そして、もちろん最後はちゃんと・・・

この4人、なんかどこかで会ったことある??? と思ったら、ナルニアの4人とかぶったのでした(笑)

<思い出のマーニー>

<思い出のマーニー>

「生まれてきてよかったんだ、と子どもにエールを送るのが児童文学」

私が児童文学に再びハマッたのは、20年ほど前に病気になって一旦店を閉めた時期でした。
そして、マーニーに出会ったのは7年ほど前。業界の先輩から紹介してもらったのがきっかけでした。
少なからずも人生でいろんなことがあって、それでも私が今こうして道をそれずに生きていられるのは、「物語」のおかげです。

「おはなし」には「力」があります。

最もそんなことはわからずに、お話の世界に現実逃避していただけでしたが、実はその世界で知らない間に自分の価値観が少しづつ変わっていっていたのでした。

「思い出のマーニー」を読んだとき、引き込まれていきました。
いったいマーニーは何だったんだろう?誰だったんだろう?と強く思いながら読んだ記憶があります。
お屋敷と窓と不思議な女の子・・・

先日映画を観に行きました。
美しい世界でした。
改めてこの作品が映画になったことに喜びを感じました。
そして「おはなしの世界」が大好きだなぁと実感し、今ここにいられることに心から喜びを感じました。
映画を観たらぜひ原作も読んでみてくださいね。
そして、何かしら心が動いたら、宮崎駿さんの「本へのとびら」(岩波書店)もおすすめです♪

えほん館さんの写真えほん館さんの写真

 

 

<ぼくからみると>

<ぼくからみると>(のら書店)

今日の空の色を覚えていますか?
今日の雲を思い浮かべられますか?
夕日が沈む時のだいだい色を、足元のくさを。
意外なところにいた土色のかえるが見えましたか?

絵本は子どもだけが読むものだと、まだまだ世の中では思われているようですが、大人の人にも自分のために絵本を開いてほしいなぁと思います。

大人の人が絵本を開くのは、夕焼けにふと、目をとめるのに似ているんじゃないかなぁと思います。。。

「ぼくからみると」は昔福音館書店から出ていて、手に入らなくなっていた私の好きな絵本です。
ひとつの場所が、実はひとつではないことに気付かせてくれます。
私たちの人生そのものですね♪

写真: <ぼくからみると>(のら書店)

今日の空の色を覚えていますか?
今日の雲を思い浮かべられますか?
夕日が沈む時のだいだい色を、足元のくさを。
意外なところにいた土色のかえるが見えましたか?

絵本は子どもだけが読むものだと、まだまだ世の中では思われているようですが、大人の人にも自分のために絵本を開いてほしいなぁと思います。

大人の人が絵本を開くのは、夕焼けにふと、目をとめるのに似ているんじゃないかなぁと思います。。。

「ぼくからみると」は昔福音館書店から出ていて、手に入らなくなっていた私の好きな絵本です。
ひとつの場所が、実はひとつではないことに気付かせてくれます。
私たちの人生そのものですね♪

 

<新刊絵本から>

「ちいさなきしゃとおおきなおきゃくさん」(徳間書店)

おもちゃの汽車のような小さな汽車に「乗せてくださーい」とやって来るのは、セイウチにくまにぞう!
どないして乗るねん!と突っ込みを入れながらページをめくると・・・。
小さな隙間におしりをグイグイ入れるおばちゃんを思い出しました(笑)
って、馬鹿にしてるのではありません!
私はそういう無邪気さはむしろ好きです♪
お話の展開も楽しくてラストのほのぼのさも良かったです。
(3歳くらいから)

「ええことするのはええもんや!」(えほんの杜)

電動車椅子が動かなくなって困っている男性を、小学生の男の子達が助けるというお話ですが、
ボランティアって本当は何だろう?何でボランティアをするのかな・・・?
という事を考えさせてくれる一冊です。
障害者や健常者に関係なく、
私もいっぱいボランティアを受けているんだなぁ・・・と気付かせてもらいました。
みなさん、ありがとうございます。。。☆
(小学生から)

写真: <新刊絵本の中から>

「ちいさなきしゃとおおきなおきゃくさん」(徳間書店)

おもちゃの汽車のような小さな汽車に「乗せてくださーい」とやって来るのは、セイウチにくまにぞう!
どないして乗るねん!と突っ込みを入れながらページをめくると・・・。
小さな隙間におしりをグイグイ入れるおばちゃんを思い出しました(笑)
って、馬鹿にしてるのではありません!
私はそういう無邪気さはむしろ好きです♪
お話の展開も楽しくてラストのほのぼのさも良かったです。
 (3歳くらいから)

「ええことするのはええもんや!」(えほんの杜)

電動車椅子が動かなくなって困っている男性を、小学生の男の子達が助けるというお話ですが、
ボランティアって本当は何だろう?何でボランティアをするのかな・・・?
という事を考えさせてくれる一冊です。
障害者や健常者に関係なく、
私もいっぱいボランティアを受けているんだなぁ・・・と気付かせてもらいました。
みなさん、ありがとうございます。。。☆
 (小学生から)

<もぐらのバイオリン>

<もぐらのバイオリン>(ポプラ社)

長い間品切れになっていた、個人的に大好きな絵本です。

平凡な日々に満足していたもぐらくんが(この時点で素敵)、バイオリンを弾けるようになりたいと練習を始めました。
もぐらくんは日々一所懸命練習しますが・・・。

この絵本は大勢に向って読むことはおすすめできません。
だって、絵を見ながらお話を聴かないと、何もわからないからです!

何でもないように思われがちな「人」の人生も、実はそれこそが、それだけで、十分だということを、この絵本は語り掛けてくれています。
一人の人が、生きたいように生きることが、実はこんなにも素敵なことだったのだと!
本当は、すべての人は尊い人です。でも、その尊い人たちは、自分の尊さに気が付いていません。
でも・・・そんなことは関係ないみたい!

私はこのもぐらくんの生き方が大好きです。
(本人は「生き方」なんて自覚なし!)
それで思うのです。
わぁ、みんなもぐらくんと一緒やな!
実はすごいんやで!って。

好きなことをしてるだけで、勝手に世界を変えてしまってるもぐらくん。しかも本人は自覚なし。
やっぱり、いいな〜♪

写真: <もぐらのバイオリン>(ポプラ社)

長い間品切れになっていた、個人的に大好きな絵本です。

平凡な日々に満足していたもぐらくんが(この時点で素敵)、バイオリンを弾けるようになりたいと練習を始めました。
もぐらくんは日々一所懸命練習しますが・・・。

この絵本は大勢に向って読むことはおすすめできません。
だって、絵を見ながらお話を聴かないと、何もわからないからです!

何でもないように思われがちな「人」の人生も、実はそれこそが、それだけで、十分だということを、この絵本は語り掛けてくれています。
一人の人が、生きたいように生きることが、実はこんなにも素敵なことだったのだと!
本当は、すべての人は尊い人です。でも、その尊い人たちは、自分の尊さに気が付いていません。
でも・・・そんなことは関係ないみたい!

私はこのもぐらくんの生き方が大好きです。
(本人は「生き方」なんて自覚なし!)
それで思うのです。
わぁ、みんなもぐらくんと一緒やな!
実はすごいんやで!って。

好きなことをしてるだけで、勝手に世界を変えてしまってるもぐらくん。しかも本人は自覚なし。
やっぱり、いいな〜♪